ミラドライ後に臭いが強くなった原因は?臭い戻りの仕組みについて解説

ミラドライ後に匂いが強くなった原因は?臭い戻りの仕組みについて解説

ミラドライでワキガ治療をしたのに、臭いが強くなった気がする

ミラドライでのワキガ治療、もしかして失敗したのでは?

せっかくミラドライでワキガ治療をして、臭いから解放されたと思っていたのに、臭い戻りしてしまったら本末転倒です。

再発は可能なかぎり避けたいと誰もが思っていることでしょう。

この記事では、「ミラドライによる施術を受けたあとに臭いが強くなったと感じる原因」と、「臭い戻りの仕組み」について解説します。

ミラドライ後に臭いが強くなったと感じる方はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • 戻ってきた臭いに対しての対処法
  • ミラドライでの施術は効果があるのか

ミラドライを受けるならザ・クリニック名古屋がおすすめ

ミラドライのバナー画像
ザ・クリニック名古屋のおすすめポイント

ミラドライ公式クリニック

15万円以下で治療を受けられる

再発の確率が低いダブル照射

目次

ミラドライ後に臭いが強くなったと考えられる原因

ミラドライ後に臭いが強くなったと考えられる原因

ミラドライでの施術を受けたあと、ワキガの臭いが強くなったと感じることがあります。

臭いが強くなったと感じる原因は、主に次の2つが考えられます。

  • ミラドライでダメージを与えきれなかった汗腺が復活した
  • 治療直後と比べると臭いが強くなったように感じてしまう

ミラドライを使って治療したのに、臭い戻りを感じる場合「失敗したのかもしれない」「ワキガが再発したのかもしれない」などと、心配になります。

結論からいえば、ミラドライの施術で完全に無臭になることはありません。

完全に無臭にならない理由も含めて、ひとつずつさらに詳しく説明します。

ミラドライでダメージを与えきれなかった汗腺が復活した

ミラドライでの施術後に臭いが強くなったと感じる原因のひとつに、ミラドライでダメージを与えきれなかった汗腺が復活したことによる臭い戻りが考えられます。

施術直後は、すべての汗腺が損傷し休止状態になりますが、時間の経過とともに損傷から回復する汗腺もあるのです。

ミラドライを使った施術の特徴
  • 一度に約70~80%の汗腺にダメージが与えられる
  • 残りの20〜30%は、損傷から回復して再び臭いを発生させる可能性がある

ミラドライで治療を受けた肌が落ち着くのは、施術からおよそ半年が経過した頃。

「臭いが戻ってきたかも」と感じるのも、同じくらいのタイミングです。

治療直後と比べると臭いが強くなったように感じてしまう

2つめの理由は、治療直後と比較して、臭いが強くなったように感じてしまうことが考えられます。

ワキガだった人は、臭いに対して非常に敏感です。

治療直後は汗腺が損傷しています。

そのため、ほとんどの汗腺が活動を停止し、臭いがなくなったように感じます。

しかし、先ほども説明したように、実際にダメージを与えられている汗腺は70~80%程度。

施術半年ほどで、ダメージから回復した汗腺が再び臭いを発生させることがあります。

施術直後からの半年間、臭いのない状態に鼻が慣れてしまったあとなので、余計に臭いを強く感じるのです。

その結果、ミラドライ施術前に比べると臭いは少なくなっているにもかかわわらず「臭いが強くなった」と感じることがあります。

ミラドライは臭いが強くなる?ミラドライの仕組みについて解説

ミラドライは臭いが強くなる?

ワキガ治療にも使われる医療機器ミラドライ。

本来は多汗症治療のために開発された医療機器です。

ミラドライは皮膚を切ることなく、マイクロ波の照射を行うことによって汗腺をダメージを与えます。

ミラドライで使用されているマイクロ波は、水分に対して反応し熱を発するため、汗腺だけに効率よくエネルギーを与えることが可能です。

この仕組みによって、ミラドライを使った施術は傷あとが残る心配もなく、施術時間も短時間ですみます。

入院の必要や日常生活への影響が少なく、施術を受けたことがまわりの人にバレる心配もほとんどありません。

ミラドライは一度の施術で70~80%の汗腺にダメージを与えられる

ミラドライによる施術では、一度に約70~80%の汗腺にダメージを与えるため、ワキガ治療に大変効果的です。

汗腺には、「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2つがあります。

汗腺の種類

エクリン汗腺:多汗症の原因となる汗腺

アポクリン汗腺:ワキガの直接的な原因となる汗腺

エクリン汗腺は、多汗症の原因となる汗腺で、臭いはほとんどありません。

ワキガの直接的な原因となっているのは、アポクリン汗腺です。

エクリン汗腺が全身の皮膚表面にあるのに対し、アポクリン汗腺はワキや乳首、下腹部に多く存在しています。

ミラドライはこの2つの汗腺にダメージを与えるので、多汗症とワキガを一緒に治療できるというメリットがあります。

一度施術を受ければ、その効果を実感できるでしょう。

しかしながら、残り20〜30%の汗腺は損傷しただけで残っている状態ですので、回復すればまた若干ながら臭いの原因になり得ることも知っておきましょう。

ミラドライでダメージを与えた汗腺は再生しない

ミラドライでダメージを与えた汗腺は、基本的に再生しません。

そのためミラドライの効果は永続的です。

臭いが強くなったと感じている場合は、1度目の施術でダメージを与えきれなかった汗腺が回復し、また臭いを出し始めただけのことなのです。

またアポクリン汗腺は、第二次成長期に増加します。

そのため、施術を受けたタイミングが成長期だった場合は、施術後に汗腺が発達し「ワキガが再発」ということにもなり得ます。

お子さまのワキガ治療など、成長期にミラドライでの施術を考えている場合は、事前に施術のタイミングなどを医師とよく相談しておきましょう。

ミラドライ後の臭い戻りを防ぐための方法

ミラドライ後に臭い戻りを防ぐための方法

ミラドライでのワキガ治療のあと臭い戻りを防ぐには、次の方法が効果的です。

  • ミラドライ公式クリニックで施術を受ける
  • ミラドライの仕組みや効果をよく理解しておく

施術後に臭い戻りで後悔しないためには、ミラドライについて理解を深めておくのと同時に、ミラドライを正しく使えるクリニックで施術を受けることが重要です。

あらかじめ、ミラドライのメリットとデメリットをある程度理解しておけば、臭い戻りを感じた場合の対策も立てやすくなります。

それでは、さっそく詳細を確認していきましょう。

ミラドライ公式クリニックで施術を受ける

ワキガ治療をミラドライで検討している場合は、ミラドライ公式のクリニックを選ぶのがおすすめです。

ミラドライ公式のクリニックでは、ミラドライを使ったワキガ治療などの症例を基にワキガや多汗症の治療について研究・改善を行なっています。

以下がおすすめのミラドライ公式のクリニックです。

ミラドライを受けるならザ・クリニック名古屋がおすすめ

ミラドライのバナー画像
ザ・クリニック名古屋のおすすめポイント

ミラドライ公式クリニック

15万円以下で治療を受けられる

再発の確率が低いダブル照射

さらに、ミラドライ公式のクリニックには、ミラドライを正しく扱える医師がいるのも心配なく通える点です。

ミラドライでの施術は、医師が汗腺の位置を直接確認するわけではありません。

つまり、打ちもれが起こったり、出力の弱さから思った効果が出ない恐れもあります。

ミラドライの扱いに慣れた医師なら、個人の状況に合わせて正しく施術してもらえるので、効果を少しでも高められます。

全国各地のクリニックが提携しているので、ご自身の通いやすい場所で探してみると良いでしょう。

ミラドライの仕組みや効果をよく理解しておく

ミラドライの仕組みや効果をよく理解しておくことで、施術後に「こんなはずではなかった」ということにならずにすみます。

ミラドライの効果やクリニックの情報については、SNSなどの口コミをチェックするのもおすすめです。

Xに「ミラドライ」と入力すれば、実際にミラドライでワキガ治療を行なった人のリアルな声や、ミラドライを導入しているクリニックの話なども確認できます。

ただし、流れている情報が必ずしも正しいものとは限りません。

ご自身でミラドライの仕組みや効果について調べておくのはもちろんですが、わからないことや不安に思ったことは、事前のカウンセリングで必ずクリアにしておくことが大切です。

ミラドライ後に臭いが強くなってしまった時の対処法

ミラドライ後に匂いが強くなってしまった時の対処方法

ミラドライでワキガの治療をしたあと、実際に臭いが強くなったと感じた場合にできる対処法をご紹介します。

  • クリニックに相談する
  • 再びミラドライを受ける
  • 他のレーザー治療を受ける

ミラドライを使ってせっかくワキガの治療をしたのに、臭いが強く感じられ、気になって仕方がないという場合は、さらなる治療を考える必要があります。

どのように対処したらいいのか迷ってしまう時は、医師に相談しましょう。

クリニックに相談する

ワキガのことは、詳しい医師のいるクリニックで相談するのが一番です。

一度施術を受けたクリニックの医師に相談すれば、ミラドライの効果について詳しく説明してくれ、新たな解決策をアドバイスしてくれるでしょう。

また、以前と同じクリニックの医師に相談してみるのもいいですが、他のクリニックで相談するのもおすすめです。

ワキガ治療には複数の種類があり、クリニックごとにおすすめするワキガ治療法が違います。

どのワキガ治療法も、それぞれメリットとデメリットがありますので、医師とのカウンセリングから、自分に最も相応しいと思えるワキガ治療を選択するのが良いでしょう。

再びミラドライを受ける

ミラドライは一回の施術で約70〜80%の汗腺にダメージを与えるといわれていますので、2回目の施術を受けることで、残った汗腺にダメージを与えられる可能性があります。

実際に2回施術を受けた場合、より症状が改善されたという意見もあります。

ただし、残っている汗腺をすべてにダメージを与えられるわけではないので、本当に2回目の施術に効果があるのか、医師とよく相談してから決めるのが良いでしょう。

クリニックによっては、最初から施術が2回セットになったコースや、2回目の施術では1回目より施術料金がお得なプランを設定していることもあります。

ただし、ミラドライを受けてからあまりにも臭いに変化がない場合は、ミラドライを使用したワキガ治療が合っていないのかもしれません。

その場合は、ミラドライ以外のワキガ治療も検討してみましょう。

他のレーザー治療を受ける

ミラドライでの効果をいまいち感じられなかった場合、ミラドライ以外のレーザー治療を受けるという方法もあります。

ワキガ治療で最近注目を集めている「ビューホット」もおすすめの医療機器のひとつ。

ビューホットは、先端に針のついた医療用スタンプを肌に押し当て、針の先端から高周波を出すことで、ワキガの直接的な原因であるアポクリン汗腺を集中的にダメージを与えられる医療機器です。

針を刺すので、かさぶた程度の傷はできますが、時間経過とともにきれいになります。

施術にかかる時間や料金もミラドライと同じくらいです。

ビューホットは、ワキガ治療に特化した医療機器ですので、ミラドライで施術できなかったワキ以外の部位(乳・すそなど)にも対応可能です。

ワキ以外にも身体の臭いが気になっている場合は、ビューホットをワキガ治療の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ほかにも、クリニックによってさまざまなレーザー治療器があります。

それぞれの医療機器にはメリットとデメリットがありますので、その特徴をよく比較しましょう。

臭いが強くなったからといってミラドライに効果がないというわけではない

この記事では、ミラドライでのワキガ治療後に、臭いが強くなったと感じる原因と、臭い戻りの仕組みについて解説しました。

ミラドライは「切らない」ワキガ治療として人気ですが、施術後に臭い戻りを感じる人も少なからずいます。

ミラドライ施術後は、臭いも大方改善されるのですが、完全な無臭にはなりません。

とくに、施術後半年以降あたりから臭い戻りがあることも知っておきましょう。

施術から半年が経過して、ワキガの臭いが強すぎると感じた場合には、もう一度ミラドライの施術を受けたり、他のワキガ治療法を検討したりすると良いでしょう。

ワキガだった人は、臭いに対して非常に敏感になっています。

自分が思っているほど、まわりの人は気にしていない可能性もあります。

当初と比べて臭いが改善されているのであれば、しばらく様子をみるのもひとつの手段です。


時間をかけて、自分に合った方法を見つけましょう。

ミラドライを受けるならザ・クリニック名古屋がおすすめ

ミラドライのバナー画像
ザ・クリニック名古屋のおすすめポイント

ミラドライ公式クリニック

15万円以下で治療を受けられる

再発の確率が低いダブル照射

目次