次世代わきが・多汗症治療を名古屋で初導入「ビューホット」

多汗症・わきが治療センター専門サイト

  • トップページ
  • line1
  • 多汗症・わきが治療センター
  • line1
  • ビューホット・ミラドライシステム
  • line2
  • クリニック紹介
  • line3
  • 治療の流れ
  • line4
  • 料金
  • line5
  • Q&A
  • line6
  • メール予約
  • line6
  • オンライン診療予約

専門の医療機関だからできる切らない最先端・次世代の多汗症・わきが治療

詳しくはこちら
オンライン診療予約へ

ビューホット
WEB限定モニター募集中

ザ・クリニック多汗症・わきが治療センター

切らない最新マイクロウェーブ・フラクショナルRF照射「ミラドライ」・「ビューホット」で安全・迅速なた多汗症・わきが治療

多汗症・わきが治療の革命!

miraDry

当センターでは米国Miramar Labs社製・韓国Shenb社製の最新「医療用マイクロウェーブ選択的汗腺(皮脂腺)破壊装置・ミラドライ」・「多汗症・わきが治療専用フラクショナルRFシステム装置・ビューホット」を使用して治療しています。

これらの機器は多汗症・わきが治療専門の医療機関のみで使用が認められている安全で効果的な治療装置であり、米国FDA・韓国FDA(日本の厚生労働省にあたる)認可の医療機器になります。

汗やニオイの原因である汗腺・皮脂腺だけにダメージを与えるマイクロウェープ(電磁波)・フラクショナルRF(高周波)を搭載した最先端・次世代の『ミラドライ』・『ビューホット』は、皮膚を切開することなく外科手術と同程度の治療効果を半永久的に得れるため、これからは手術の必要性がない『ミラドライ』・『ビューホット』が標準的治療になっていきます。

多汗症・わきが治療センター

ミラドライ公式認定証

ザ・クリニック名古屋はメーカーが実施するミラドライ認定医プログラムを終了し、500症例を超える治療実績が医学術的に高く評価され、安全にミラドライ治僚を行える公式クリニックであると認定されました。

切らない!痛くない!傷もない!

ViewHOT

多汗症・わきが手術(切開法や吸引法など)といったメスを使用した外科的治療は、激しい腫れや痛み・内出血、長期間のダウンタイム、一生残る傷の問題、麻酔事故といった大きなりスクを伴いましたが、最先端・次世代の『ミラドライ』・『ビューホット』は汗腺・皮脂腺以外の組織(皮膚、血管、神経)にほとんど損傷を与えず、痛みやダウンタイムといったりスクを負うことなく、医師の施術下でより安心して多汗症・わきが治療が受けられます。

ビューホット・ミラドライシステム

驚きの即効性。安全・迅速な効果を実現する画期的治療!

当センターで使用している最新「医療用マイクロウェーブ選択的汗腺(皮脂腺)破壊装置・ミラドライ」・「多汗症・わきが治療専用フラクショナルRFシステム装置・ビューホット」は、わずか30〜60分の治療直後から効果を実感できます。わきの下に照射するだけのストレスフリーで、1回でも治療したその日から気になる汗ジミやニオイがスッキリ解消され、治療後は即日から通常の日常生活も可能です。

治療の流れ

ミラドライ治療実績

当センターにおけるミラドライ症例数500例(2015年9月末時点)の治療実績から、医学術的評価として高い有効性・安全性のデータが得られています。

性別比率

性別比率グラフ

年齢別比率

年齢別比率グラフ

症状別比率

症状別比率グラフ

前治療歴別比率

前治療歴別比率グラフ

有効性

有効性グラフ

 

再発の心配ない半永久的な持続性!

汗腺・皮脂腺自体が消滅するので、再発の心配がありません。
最先端・次世代の『ミラドライ』・『ビューホット』で痛みやリスクを負うことなく、半永久的にわきの汗やニオイを気にせず快適に過ごせます。


最先端・次世代の「ミラドライ」「ビューホット」はこんな方にお勧めです

  • 良心的な医療機関で安全・迅速に多汗症・わきがを治したい
  • 手術までは怖い
  • 傷あとを残したくない
  • 痛み・ダウンタイムなどのリスクなく治したい
  • 1回の治療で効果を出したい
  • ボトックス注射を何度も繰り返したくない
  • 他のクリニックでの治療に満足できなかった
  • 治療したいが、忙しく時間が確保できない
  • 周りにパレずに治療がしたい
  • わき汗・ニオイを気にせず、快適に過ごしたい
クリニック紹介 料金 Q&A

多汗症・わきが 徹底解説

多汗症とは?

多汗症イメージ写真

「多汗症」というと、夏の暑い時期や運動時に汗をダラダラかいている人を想像するかもしれませんが、それは単なる「汗っかき」であり、多汗症と汗っかきは全く異なるものです。

多汗症は、汗をかくことで体温の上昇を抑えるといった体温調節に必要な範囲を超えて、異常なまでの汗をかく病気で、季節に関係なく、何もしなくても大量の汗をかいてしまいます。精神的に緊張する場面は特に顕著で、わきの下や手のひらがじっとりしてきます。汗取りパットや制汗剤を使用しても洋服に汗ジミができてしまうこともあり、それが原因で他人との接触を避けてしまうなど、心の病を併発してしまう可能性もあります。

多汗症の種類
  • 全身性多汗症・・・全身の汗の分泌量が多い
  • 局所性多汗症・・・ある特定の部位の分泌量が多くなる
  • 手掌(しゅしょう)多汗症・・・手のひらに多く汗をかく
  • 足蹠(そくせき)多汗症・・・足の裏に多く汗をかく
  • 腋窩(えきか)多汗症・・・わきの下から大量の汗が出る

わきがとは?

意外なことに、医学的なわきがの定義は未だにあいまいで、「腋窩部の汗が悪臭を放つ」としか説明されていません。わきの下からわきが独特の臭いがする状態を指しますが、一体わきがの正体は何なのでしょうか?

わきが・多汗症の原因  〜 「汗」についての豆知識 〜

わきがの原因を一言で言ってしまえば汗です。汗は人間なら誰しもがかくもので、汗が出てくる場所、つまり汗の出口を汗腺(かんせん)と言います。汗腺は2種類あり、頭部や腕、足など全身に分布しているエクリン汗腺と、わきの下や耳、乳輪、陰部などの局所に分布するアポクリン汗腺に分けられます。わきの下を例に考えると、エクリン汗腺、アポクリン汗腺、そして肌の表面に穴を開ける役割の皮脂腺の3つが存在していることになります


わきが独特の臭いは、このアポクリン汗腺から発生するとされています。エクリン汗腺から出る汗は99%が水分、残りの1%が塩分であり、サラサラしていて粘り気や臭いはありません。一方、アポクリン汗腺から出る汗はタンパク質や糖類、脂質、脂肪酸など多くの物質が含まれています。これらの物質が皮膚表面に存在する常在菌によって酸化・分解され、アンモニアなど臭いを発する物質に変化して、これがわきが独特の臭いになってしまうのです。

白い洋服のわきの部分が黄色くなることがありますが、これはアポクリン汗腺の数や密度、分泌量に関係しています。汗の分泌量が多く、さらに蛍光物質や鉄分、色素などを含む汗も出しており、それが黄色い汗ジミとなって洋服に付着してしまうのです。

多汗症は、アポクリン汗腺が原因のわきがとは違い、エクリン汗腺が主な原因と考えられます。全身に分布しているエクリン汗腺は緊張や不安などの精神的発汗によって活動が活発になり、汗を大量にかいてしまうのです。

そこが知りたい!多汗症・わきが Q&A

多汗症はわきがになりやすい?

わきがの原因は汗と考えられていますが、多汗症だからといって、必ずしもわきがになるとは限りません。上記の通り、多汗症はエクリン汗腺、わきがはアポクリン汗腺が原因ですから、アポクリン汗腺から出る量が少なければ、わきが独特の臭いは発生しません。ただ、わきの下に汗をかきやすい腋窩多汗症は、わきの部分がシミになりやすく、臭いの元になる汗が大量に出てしまうので、わきがになる傾向が高まる可能性があります。

わきがは遺伝する?

わきがは優性遺伝とされ、親にわきがの症状があれば50〜80%の割合で子どもに遺伝すると言われています。原因となるアポクリン汗腺は思春期から活動が活発化し、また、臭いの原因のひとつとなる食生活が変化してきたことで、わきがの症例は10代を含め低年齢化しています。

多汗症・わきがの治療をするには?

軽度の多汗症・わきがであれば、市販の制汗剤やクリームを使用することで通常の生活ができます。日常生活に支障があったり、多汗症やわきがが原因で心の病を併発したりする可能性があれば、専門医による判断のもと、適切な治療をお勧めいたします。原因となるエクリン汗腺・アポクリン汗腺・皮脂腺を取り除くことで症状の軽減を図ります。メスを使わず、その効果が長期間持続する「ミラドライ」や「ビューホット」での治療がお勧めです。

多汗症・わきが対策には何をすればいい?

わきに関しては、わき毛を減らしてお肌を清潔に整えておくことが大切です。毛を減らすことで毛穴を整え、皮膚表面に存在する常在菌を増えない状態にしておくのです。また、食べ物や生活習慣によっても症状が変化する場合があります。きつい臭いを発するような食べ物を避けたり、ストレスを減らす工夫をしていきましょう。

多汗症・わきがを自分でチェックする方法はある?

日本人の10〜15%はわきが体質だと言われ、耳あかがいつも湿っているとわきがの確率が高いとも考えられています。一方、日本人は臭いに敏感であり、他人の視線を気にするあまり、わきがかもしれないと思い込んでしまうこともあります。簡単なチェックシートでセルフチェックしてみましょう。3個以上当てはまる場合は多汗症・わきがの疑いがありますので、専門医での受診をお勧めします。

服のわきの部分が黄色くなったり、臭いが服に残ったりすることがある
耳あかがいつもじめじめ湿った状態である
新陳代謝が活発で、汗をかきやすい
家族にわきがの人がいる
わき毛や体毛が濃い方である
脂肪分の多い食べ物、肉類、乳製品を好んでよく食べる
体臭について他人から指摘されたことがある
自分の臭いを自分で認識できる
緊張すると、手にじっとりとした汗をかくことがある
人の臭いがいつも気になってしまう

多汗症・わきがが気になる方、お悩みの方はお早めに当センターまでご来院いただき、まずは医師のカウンセリングを受けていただくことをお勧めします。
※治療に関する質問はこちらをご覧下さい。

「香り」に包まれる日本社会

洗濯洗剤や柔軟剤、車の芳香剤、さらにはボディクリームやハンドクリームまで。現代の日本では日常生活の至るところに「香り」の文化が広まってきました。海外旅行のお土産として香水が定番ですが、それは体臭と香水をセットで考えるという、香りに対する文化が根付いているからです。日本は他の国々と比較すると、清潔好きで無臭を好む国でしたが、今ではさまざまな商品に「香り」が使われるようになっています。

「香り」の文化が広がり、人混みの中ではいろいろな匂いが混ざり合います。その中に「わきが」の匂いがあった場合、ほとんどの方が嫌悪感を示すでしょう。気にならないという方もいらっしゃるかと思いますが、「わきが」に対する嫌悪感は、体臭に敏感な日本人ならではの反応といえるかもしれません。

悩み続けるより、まずは相談を

「わきが」は病気ではありません。人にはそれぞれ体臭があります。赤ちゃんはミルクの匂いがしますし、汗をかいた後は汗臭くなります。それと同じく、「わきが」は生まれ持ったものであり、個人差があるもの。しかし、病気ではなくても、そのことによって苦しんでいる方は数多くいらっしゃいます。「まわりの人に嫌な思いをさせているのではないか」「においが気になるから人に会いたくない…」というような、精神的ストレスを感じてしまうのです。

「わきが」でお悩みの方は、ぜひ一度専門医にご相談ください。治療が必要かどうかも含めて専門医に判断してもらい、その上で、治療をした方が心も体も楽になる、と感じたならば、一歩を踏み出してみましょう。 悩み続けるより、相談して、これからの生き方を前向きに考える。「わきが」を気にすることのない新しい毎日が、そこには待っているはずです。

オンライン診療予約
メール予約

クリニック写真

名古屋市東区東桜1-9-19
成田栄ビル7F(NHK向い)
地下鉄栄駅4番出口より徒歩3分

[電話予約受付]
フリーダイヤル
0120-758-901
代表電話
052-961-3777
9:00〜21:00 年中無休
[診療時間]
10:00〜19:00
[休診日]
不定休 (土・日・祝日診療)

※初診・再診カウンセリング 無料
※メール相談 無料

アクセスはこちら
clinic info end
フリーダイヤル 0120-758-901
メール予約
オンライン診療予約
  • トップページ
  • 多汗症・わきが治療センター
  • ビューホット・ミラドライシステム
  • クリニック紹介
  • 治療の流れ
  • 料金
  • Q&A
  • メール予約
  • オンライン診療予約
side menu end
ザ・クリニック名古屋HPへリンク

院長写真

医療法人ジュエリメディカル理事長 ザ・クリニック名古屋院長 中村 寿(医学博士)

優しく穏やかな院長が、トータルな
美容医療のインフォームド・コンセント(説明と同意)およびEBM(Evidence Based Medicine=医学的根拠)に
基づいた治療を親身になって対応
いたします。

  • 初診・再診カウンセリング無料
  • メール相談無料
  • オンリーワンドクター制

学歴・職歴

1998年3月
久留米大学医学部卒業
1998年4月
同大学外科学教室入局
救急医療、麻酔科を研修した後、
呼吸器・乳腺外科の臨床、研究を行う
2005年3月
医学博士
(医博甲第969号)取得
2005年4月
東京都内美容外科クリニック
(美容外科・形成外科・ 美容皮膚科)勤務
2007年 12月
ザ・クリニック名古屋を開院
2011年 4月
医療法人ジュエリメディカル設立

所属学会

  • 日本外科学会認定医
  • 日本胸部外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容外科医師会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本レーザー医学会会員
  • 日本抗加齢医学会会員
  • 日本抗加齢美容医療学会会員
doctor info end