ワキガ・多汗症治療の今をご紹介
ニオイや汗の量が多くて、こんなことに困っていませんか? 体育の授業の後の自分のニオイについて、同級生が会話しているのがツライ。

一般的にワキガは遺伝による部分が多いとされますが、決して病気ではありません。世界的に見れば、欧米人は80%、黒人はほぼ100%がワキガ体質と言われています。だからこそ、ニオイを気にならなくするために、欧米を中心に香水文化が発達したと言われています。 しかし、日本人のワキガ体質は10%程度であり、特に日本人はニオイに敏感であるため、ワキガ体質で悩む方が多い状況があります。

世界的にはワキガ体質が普通であっても、日本で暮らす上でニオイや汗の量が気になるなら、きちんと対策をして、人目を気にするのではなく、のびのびと自分らしく暮らしたいものです。
そのためには、ニオイや汗の量、人の目を気にせず、自分らしくのびのびと生活するための適切なケアの方法を選び、対策をすることがお勧めです。

小学校高学年から高校生にかけて、ワキガや多汗症の場合には、自覚をし始めます。
その場合、自分がワキガや多汗症だと認めたくないため、適切なニオイや汗のケアを行うことができず、周囲の自分への接し方などで辛く・不快に感じることが増え、結果的に自分を追い込んでしまうことも少なくありません。
まずは、医師に相談し、自身の身体の状況を正しく知ることが重要です。

医師の診断結果を受け、対策を打つのか、自身の個性として受け入れるのかを決めましょう。ワキガや多汗症の治療については、以前は、対策と言えば、抜本的ではありませんが、対処の仕方として、ニオイの原因である汗の分泌を抑え、ニオイの原因菌を殺菌するクリームを毎日使用したり、衣服の洗剤でニオイ対策ができるものを使用するなどの方法と、抜本的な解決をするための痛みを伴う「外科的な手術」が主流でした。

しかし、昨今では、医療レーザー機器による治療が可能になり、ほとんど痛みも感じない治療法がメジャーとなり、個人差はありますが、1日で治療を完了することもできるようになってきました。

医療技術の発展によって、ニオイ・汗の量を抑える対策については、解決手段が豊富になりました。費用面だけではなく、生涯ニオイや汗の量への対処に要する時間も考慮して、医学的な対策を検討・実施することが重要です。

ニオイや汗の量に関する悩みは、日常的なものです。1日でも早く、この悩みから解放されることは、より良い自分らしい人生を送ることにつながるものと思われます。

制汗スプレーやクリームなどは、メーカーによりますが、1本5,000~6,000円程度。毎年2本は使用するとしても、20歳の成人が60歳まで使用するとして、40~60万円程度の費用がかかり、またクリームを塗るための時間もかかります。

一方、抜本的に解決するための方法・手段として、痛みを伴う外科手術と医療レーザー機器での治療がありますが、後者の場合、費用は30万円程度で個人差はありますが、1日の治療で、ニオイや汗の量についての悩みから解放されることも可能です。

ニオイや汗の量に関する対策は、費用面と手間の面の2軸で考えて、自分にとって適した方法・手段を早々に実施することが、人生を豊かにするのではないでしょうか。
悩んでいる時間が一番もったいないと言えるかもしれませんので、一人で悩まず、まずはワキガや多汗症の治療に熱意をもって取り組んでいる医師に相談してみてはいかがでしょうか。
そうすることで、一人で悩んでいるよりも数倍人生が豊かになるものと思われます。

ワキガ・多汗症の今と昔

昔は、脇の部分を切開して、ワキガの原因となる「アポクリン汗腺を切除する」方法で手術を行っていました。
しかし、この方法だと手術後のダウンタイムが2週間程かかってしまうという点と、メスを入れなければいけないため、なかなか治療(手術)に踏み込めない患者さまも数多くいらっしゃいました。

また、多汗症については、ボトックスを注射することで汗の分泌をコントロールしている神経に作用し、エクリン汗腺の働きを弱めることで汗の量を減らします。

メスを入れることがないので、痛みや腫れもほとんどなく、わずらわしい術後のアフターケアの必要もないため、簡単、安心に治療が行えますが、注射したボトックスの効果は、約4~6ヶ月の短期間しか持続せず、その後も状態を観察しながら、定期的に注射を繰り返すことが必要となります。

近年使用されている医療レーザー機器を用いた即効性・半永久的な効果が期待できる、今注自の切らないワキガ・多汗症の治療法です。

メス不要で、外科手術と同程度の治療効果が期待できるため、手術に伴う痛みに対しての抵抗感などから、これまで治療を諦めていた方も安心して受けていただけます。

医療レーザー機器を使用した治療では、個人差はありますが、約30分程度で、 気になる脇の多汗やニオイからスッキリ解消され、治療後は即日から通常の日常生活も可能です。

こういった治療法は、手術を行っていた従来の治療法とは異なり、ダウンタイム(日常生活への支障)を伴わないワキガ・多汗症治療として、患者さまの身体の負担を軽減できるものと言えます。

ワキガ・多汗症治療の今と昔

基礎的なことではありますが、穏やかで人当たりが良く身体の外側だけでなく、患者さまの内面の気持ちのケアにも心を砕くというスタンスの医師がいるクリニックでまずは相談することで、ニオイや汗の量に対するストレスは少しでも緩和されます。また、クリニックの方針や医院長のブログを読むなどして、クリニックのスタンスを見極めることも重要です。

説明をしない医師などいませんが、医療に素人である患者さまにも、分かりやすい説明を心掛け、気持ちの面も十分にケアしながら説明してもらえるクリニックを選ぶことがお勧めです。特に、医院長の想いが、クリニック全体の雰囲気にも表れます。クリニックに来院される際の予約の電話応対などでも、判断することができますので、参考にしてみてください。

患者さまに貢献すべく、新しい医療情報やテクノロジーの勉強を怠らず、患者さまの状態に適した医療技術・機器を使用し、患者さまの負担を軽減することに情熱を燃やし、日々取り組む姿勢を持っているクリニックを選ぶことで、自身に適した治療を受けることが可能となります。

※クリニック選びは自己責任となりますので、以上のポイントを踏まえて慎重に選ぶことをお勧めします。

Q&A
ワキガ治療にかける想い

「一燈照隅」の精神で、
お一人おひとりの治療に
全力を尽くす。

患者様が当院にお越しになられる際には、最初はご不安な面持ちでいらっしゃる方がほとんどです。 私が患者様に接する際には、これまでワキガ・多汗症により長い期間お悩みを抱えてこられた状況を踏まえ、医学的な専門知識を用いた説明をさせて頂くことだけでなく、患者様のお気持ちに寄り添い共に、解決していくことを重要視しております。

そもそも、ワキガや多汗症は、身体の欠陥ではありません。しかし、日常生活において不自由に感じ、自分らしく立ち振る舞うことを時として阻害することが多々あります。

ワキガ・多汗症の治療において、もっとも重要なのは、患者様の精神的なケアであるように思います。治療して終わりではなく、治療を経た患者様が今後自分らしくイキイキと日々暮らしていくためのきっかけを創りだす重要な役割を担っているという認識と責任感を持ち、患者様お一人おひとりに日々診察・治療の場で向かい合っています。

一医師として、できることは限られていますが、「一燈照隅」の精神で、患者様お一人おひとりに寄り添い、治療をさせて頂くことでワキガ・多汗症で悩まれる方を少しでも減らし、自分らしく生きられる方を増やしていきたいと考えています。

ワキガ治療にかける想い

「ワキガ・多汗症の駆け込み寺」
的なクリニックを目指しています。

ワキガや多汗症の治療というと、「手術」が必要であると思っていらっしゃる方がまだまだ多いように感じますが、現在では身体に負担のかかる手術はほとんどの場合に必要ありません。

現代のワキガ・多汗症の治療は、医療技術の進歩により、手術の必要がなくなっただけでなく、個人差はありますが手術をした場合に比べ「身体への負担が少ない、30分程度の治療」で終えることができます。

私は、患者様のワキガ・多汗症による悩みを少しでも解消できるよう、身体に負担が少なく短時間で治療できる医療レーザー治療器を東海エリアで早期に導入しました。

ワキガ・多汗症にお悩みの方のお役に立つべく、新しい医療技術を積極的に導入し、治療後に患者様にいかにご負担なくお過ごし頂けるかに取り組んできた結果、東海エリアの「ワキガ・多汗症の駆け込み寺的なクリニック」になっているように感じます。

ワキガ・多汗症の治療に関わるクリニックとして、ニオイや汗の量にお悩みのある方には、治療をするしないに関わらず、まずはご相談頂きたいと思っております。

なかなか人に打ち明けにくかったニオイや汗の量のお悩みも、これまでワキガ・多汗症にお悩みの患者様に真摯に向き合い対応してきた経験を踏まえ、カウンセリングさせて頂きたいと考えております。

1998年3月 久留米大学医学部卒業
1998年4月 同大学外科学教室入局
救急医療、麻酔科を研修した後、
呼吸器・乳腺外科の臨床、
研究を行う
2005年3月 医学博士(医博甲第969号)取得
2005年4月 東京都内美容外科クリニック
(美容外科・形成外科・
美容皮膚科)勤務
2007年12月 ザ・クリニック名古屋を開院
2011年 4月 医療法人ジュエリメディカル設立

【所属学会】
日本外科学会認定医
日本胸部外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本美容外科医師会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本レーザー医学会会員
日本抗加齢医学会会員
日本抗加齢美容医療学会会員

今日から私いじぶんになる
体育の授業の後の自分のニオイについて、同級生が会話しているのがツライ。
通勤の電車の中で自分のニオイに気づき、周囲に気づかれていないか不安。
コンビニでのバイトの時に、レジで小さい子供に「なんかクサーイ」と無邪気に言われるのがツライ。
街を歩いていると、すれ違った人が少し離れたところでクスクス笑っているのが気になる。
友人宅にお邪魔する際に、靴を脱ぐと足の裏の汗が多いので気になる。
脇汗が多くて、洋服がすぐに黄ばんでしまうため、オシャレな洋服の購入に二の足を踏んでしまう。

小学校高学年から高校生くらいまでのお子さんをお持ちのお母さまであれば、スクスクと成長して、少年団や部活などで元気に汗をかいて帰ってくるお子さんの姿が誇らしいのではないでしょうか。

一方で、お洗濯の際に等では、幼稚園や小学校低学年の頃と打って変わって、お子さんが成長するにつれ分泌物の関係で汗のニオイも大人と大差なくなってくるのも感じていらっしゃることと思います。

一般的に思春期になると、人によっては体臭がきつくなる傾向にありますが、ご自身のお子さんが、ワキガや多汗症の可能性があると感じられた際には、おひとりで悩まれずに、まずは医師に相談されてはいかがでしょうか。


もしワキガや多汗症であると診断された場合、お子さんも早目に施術を受けることで、日々の生活の中で、ニオイを気にして一歩引いてしまうなどのリスクが回避できるものと思われます。

現在は技術が進んでおり、手術ではなく医療機器を用いた痛みをほとんど伴わず、個人差はありますが、ほとんどの場合1日で治療ができるようになりました。お子さんのこれから前途ある長い人生を考えた場合に、おたふく風邪や風疹の予防接種のように、子育ての一環として、早い段階での治療もひとつの方法であるように思います。

小学校高学年の頃から、体育の授業の後などで自分の身体のニオイは気になりはじめ、中学で部活をするようになり、明確にワキガであることを自覚してから数年、今では制汗剤はもちろん、香水などは欠かせないものとなっているのではないでしょうか。

日本人は、世界でもニオイに敏感な国民と言われていますので、諸外国ではまったく気にされていないワキガも、日本では悩む方も多くいらっしゃいます。

日々のケアはもちろんのことですが、長い人生において、抜本的に解決することも考えてはいかがでしょうか。昔と

比べて、手術ではなく新しい医療機器を用いた、個人差はありますが、痛みもほとんどない治療を1日受けることで、これまでの悩みから解放されることが期待できます。

大学や短大、専門学校への進学などで、ご自身のニオイや汗の量の悩みなどを新しい環境に持ち越さないことも、ご自身の人生を自分らしく日々自然体で過ごすことは、人生を充実させるひとつの方法ではないかと思います。

学生のバイトなどでも十分支払える方法もありますので、一度考えてみてはいかがでしょうか?

中学の部活の頃から、周囲のリアクションなども踏まえ、自分でも自覚したニオイや汗の量の悩み。学生時代は、男性である自分としては、ニオイは特に気にしていなかったものの、高校時代に明言はされなかったものの、ニオイや手汗が原因で彼女に振られたことがちょっとしたトラウマになっているという方などであれば、社会人になるこのタイミングで、治療をされてはいかがでしょうか。

新しい医療機器を使用する治療であれば、手術をすることなく、個人差はありますが、ほとんどの場合1日で施術も終わり、施術当日から普段通りの生活をすることが可能です。日々の生活にも仕事にも影響がほぼなく、かつ誰に知られることもなく、ニオイや汗の量に

関する悩みから解放されることができます。

また、支払いについて、生活に負担を与えないようにする方法もありますので、新社会人の給与でも安心です。
社会人として、会議はもちろん、仕事上の円滑なコミュニケーションのために、この機会にワキガや多汗症の治療をご検討されてはいかがでしょうか。
また、オシャレ服を汗の黄ばみでダメにしないですむようにもなります。

社内の異動や転職などで、近い将来新しい環境に身を置くことが決定している方であれば、これまで長年悩まされてきたワキガや多汗症を治療するきっかけとして非常に良いかもしれません。

これまでは、ご自身のキャラクターや、周囲の理解もありあまり不快な思いをしてこなかったかもしれませんが、自分自身の中で周囲にニオイについて引け目を感じている部分が少しでもあるようであれば、新天地にはその感情を持ち込まず、解決してしまうのも、新しい環境で何の気兼ねなく思いっきり活躍することを後押しする、ひとつの方法

であるように思います。

実際、あっては欲しいことではありませんが、体臭が原因で、積み上げてきた実績に関わらず、社内の関係性がぎくしゃくしてしまい、不利益になってしまうというケースもゼロではありません。

個人差はありますが、ほとんどの場合1日の治療でこれまでの悩みから解放されるという選択肢も、新しい環境に身を置くことが決まったこのタイミングにご検討頂くのも良い機会であるように思います。

学生時代から付き合ってきた彼氏とは縁がなく別れたものの、運命的に出会った今の彼とは結婚を前提にお付き合いしていて、1年以内には結婚する予定という方であれば、早目に治療を受けることで、ニオイを気にして今後のお付き合いに一歩引いてしまうなどのリスクを回避でき、生涯の伴侶となる彼との関係を自分らしくなんの気兼ねもなく育んでいけるものと思います。

結婚式には、費用が掛かりますが、ワキガや多汗症の治療についても、結婚式費用の一部と位置付けて考えてはいかがでしょうか。

現在は、新しい医療機器での治療は、個人差はありますが、ほとんどの場合1日で済み、当日から普段通りの生活ができるなど、治療法が大変進んでいます。そのため、誰にも知られず、治療を完了することが可能です。

人生の転機のこの機会に、ワキガや多汗症について、少しでも気になさっているようであれば、医師にまずはご相談頂ければと思います。

お子さんが年頃になり、自分の思春期と同じ思いをさせたくないということで、ワキガ・多汗症の治療をされる方が年々増えています。

その背景には、以前は手術をし痛みを伴うことが当たり前であった、ワキガ・多汗症の治療も、新しい医療機器の発達で、施術の安全性や信頼度は確保されている、個人差はありますが、痛みのほとんどない治療を1日受けることで、これまでの悩みから解放されることが可能になったことも、要因の一つであるように思います。

お子さんの将来を思う、お母さまであればお子さんのために、行動されるのは当然だと思いますが、お母さまご自身についても、それは同様ではないでしょうか。

お母さまの人生もお子様同様にストレスの少ない、自分らしく生きられるものにするためにも、お子様の治療を行うこの機会に、一緒に治療をされるのも、良いのではないかと思います。

「香り」に包まれる日本社会

洗濯洗剤や柔軟剤、車の芳香剤、さらにはボディクリームやハンドクリームまで。現代の日本では日常生活の至るところに「香り」の文化が広まってきました。海外旅行のお土産として香水が定番ですが、それは体臭と香水をセットで考えるという、香りに対する文化が根付いているからです。日本は他の国々と比較すると、清潔好きで無臭を好む国でしたが、今ではさまざまな商品に「香り」が使われるようになっています。

「香り」の文化が広がり、人混みの中ではいろいろな匂いが混ざり合います。その中に「ワキガ」のニオイがあった場合、ほとんどの方が嫌悪感を示すでしょう。気にならないという方もいらっしゃるかと思いますが、「ワキガ」に対する嫌悪感は、体臭に敏感な日本人ならではの反応といえるかもしれません。

悩み続けるより、まずは相談を

「ワキガ」「多汗症」は病気ではありません。人にはそれぞれ体臭があります。赤ちゃんはミルクの匂いがしますし、汗をかいた後は汗臭くなります。それと同じく、「ワキガ」「多汗症」は生まれ持ったものであり、個人差があるもの。
しかし、病気ではなくても、そのことによって苦しんでいる方は数多くいらっしゃいます。「まわりの人に嫌な思いをさせているのではないか」「ニオイが気になるから人に会いたくない…」というような、精神的ストレスを感じてしまうのです。

「ワキガ」「多汗症」でお悩みの方は、ぜひ一度医師にご相談ください。

治療が必要かどうかも含めて医師に判断してもらい、その上で、治療をした方が心も体も楽になる、と感じたならば、一歩を踏み出してみましょう。 悩み続けるより、相談して、これからの生き方を前向きに考える。「ワキガ」「多汗症」を気にすることのない新しい毎日が、そこには待っているはずです。

ビューホットによる治療【自由診療】

料金

100,000円から350,000円(税別)

※月額3,300円から12,000円(税別)(36回払い)

コース例)

ビューホット 1回
(両わき)
通常 300,000円 (税別)
ビューホット 1回
(外陰部)
通常 350,000円 (税別)
ビューホット 1回
(おでこ)
通常 250,000円 (税別)
ビューホット 1回
(鼻下)
通常 100,000円 (税別)
ビューホット 1回
(手のひら)
通常 350,000円 (税別)
ビューホット 1回
(足の裏)
通常 350,000円 (税別)
^